Skip to content

「自信を育てる」というようなことがテーマ

「自分を変えたい」と思っている人たちは多いです。しかし、単に変えたいと思っている人たちも多いです。もし、自分自身を変えようと思っていても、直接自分自身で変えることは不可能に近いです。「変えるもの」ではなく、体験や学びを通して「変わってしまうもの」と捉えることです。
自分で変わろうとスポーツをするのではなく、スポーツをすれば自然と体が鍛えられてくることがあります。やりたいと思ってすれば結果的に心や体も「結果として良い方向に変わってきた」ということは多いです。これは実際にやってみて確認することしかできないです。
よく「自分を信頼する」ということがいわれていますが、「自分を信頼する」ということほど難しいものもないかもしれません。それは自分が一番自分自身を知っているからではないでしょうか?どこかで自分に失望しているというところがあって、経験をつむことで得られる自信はあるにせよ、根拠のない自信は持ちずらいということです。
カウセリングや講座ではよく「自信を育てる」というようなことがテーマになります。「根拠のない自信」というものでもその自信のある・なしはどこから生まれてくるものでしょうか?
しかし「根拠のない自信」のある・なしでも実は根拠があって、それは記憶に残らない時期に作られたものです。
自分を褒めるということは少し前まであまり意識していなかったけれど、一日5個くらい自分を褒めることができてくると自分に自信がついてくるといいます。今日の自分を振りかえって、5個くらい紙に書き出してみるのもいいですね!それだけ考えるだけでも気持ちが明るくなってきそうです!

すごい天気だー

日本列島、どんどん梅雨いりしてますね~。
私の住んでいる近畿地方は、昨日梅雨入りしまして、昨日今日と、大雨と強風にさいなまれております。
いやー、梅雨にはいいたとたんにこの天気。天気もさることながら、気温の低さにびっくりです。
なんでこんなに寒いのー!まじでちょっと寒くて、せっかくしまおうと思って畳んでおいた厚手の上着を、ひっぱり出してきて
羽織っています。
今年の夏は冷夏だって先日のニュースでいっていましたが、なんかそうなりそう~。なんて思っています。
そうかと思えば、北海道は、毎日の猛暑続き、大変ですね~。北海道って避暑地のイメージがあるので、私の住む近畿よりも気温が高いと聞くと、海の幸に異変がないか、すごく心配になってしまいます。私、海の幸が大好きで、北海道といえば、おいしい海の幸がたくさんあるじゃないですか。暑さに負けて、北海道近辺からいなくなっちゃうんじゃないかって。
そんなこたないですかね。
しかし、梅雨にはいって洗濯物が乾かない乾かない…。もう、どうしよう~。特にバスタオルが。
乾燥機は電気代すごくかかるから、できるだけ使いたくない。
家の中のどこで干したら、比較的早く乾きますかね。
誰か教えてください。

6月に30度を越すのはつらい

5月というのに、気温がどんどんあがり、暑い毎日が続いています。
こんなに暑い毎日が続いていたら、6月になるとどうなるのだろうと心配をしているのです。
6月は梅雨もあります。
雨が降れば少しは涼しくなると思いますが、湿度が高いので、そのことを心配しているのです。
また、この感じで行くと、雨が降っても気温があがり、暑苦しい毎日が続くと思うのです。

私は、暑いということが苦手です。
それは、どうしてかはわかりませんが、一つは冬に生まれたということが関係しているのではないかと思っています。
私の友人なども、生まれた季節については、なんともないようですが、それ以外の気温の変化に対して、敏感になっていると話していました。
そのため、生まれた季節というのは、その人の一生の記憶の中に残っているのだと感じるようになっています。

夏になると、何が辛いかというと、庭の掃除が辛いのです。
そんなに広い庭ではありませんが、その庭には草がたくさん生えてくるので、毎日の手入れをしなければならないのです。
その手入れをするときに、大体30分くらいはかかります。

そのため、私の対策として夏は、朝早くから起きて、行動することにしています。
そして暑くなってきたら、家からほとんど出ません。

伯母のお見舞いに行った後は友人と飲みに行く

先日の午前中に母と共に伯母が入院する病院にお見舞いに行ってきました。
伯母は兵庫県にある病院に先週から入院しています。
伯母は家事仕事の途中に階段から足を滑らせて転倒したことにより骨折してしまったからです。
骨折については複雑骨折ではなく単純骨折だった為に後遺症は残らないとの事でした。
そして、手術も無事に終わった事もあり私と母がお見舞いに行ってきたわけです。
伯母は母と私の顔を見ると喜んでくれました。
伯母とは1年ぶりに会ったので私も会えてうれしかったのが本音です。
ちなみにお土産の品として母と私は伯母が大好きな饅頭を持っていきました。
伯母は甘い物が好きという事もあり、早速ですが病室でお茶と一緒におまんじゅうを食べてくれました。
そして、伯母の病室では3時間くらい過ごしてから自宅に戻りました。
それと、自宅に帰る途中ですがお腹が空いた事もあり牛丼チェーン店に立ち寄りました。
私は牛丼大盛りとみそ汁を注文して母は牛丼並盛りを注文して食べました。
自宅に戻ってからは私は夕方までテレビゲームをしてのんびりと過ごしました。
その後は18時からですが友人3人と近隣の居酒屋に飲みに行きました。
世間話をしたり趣味の話をして大いに盛り上がりました。